マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

バルコニー面から仮設足場を掛ける理由

3月から着工したマンションの仮設足場が1面出来上がっています。

バルコニー面の足場がほぼ組みあがりました。

「どうせなら、眺望や陽当たりの良いバルコニー以外の面から足場を掛けてくれた方が助かる」と考える人もいるかと思います。

なぜ、バルコニー面から仮設足場を掛けるかとと言えば、バルコニー面の工事の工種(工事の種類)が一番多く、一番工事の時間が掛かるためです。

バルコニー面は外壁の他に、バルコニーの天井と床の工事、バルコニーの手すり壁の工事があります。

そのため、バルコニー工事の進捗具合が、大規模修繕工事全体の工期を左右すると言っても過言ではありません。

又、工期は3月から7月までですので、工事の終盤は気温も上がり、エアコンの使用、窓の開放の要望が増えてきます。

バルコニー部分は早く始めて、早く終えることが求められます。

又、経験上から言えば、天候不良等で工事の進捗が悪く工期が伸びる場合でも、いち早く工期内にバルコニー面の仮設足場を解体しておけば、眺望や陽当たりは確保されますので、居住者からのクレームは大きく減ります。

DSCF3011

DSCF3007

DSCF3009

こちらも何とか

こちらのマンションの外壁タイルの見本焼きもなんとか組合の皆様が納得できる色に近づきました。

ベージュタイルの色が今一つでしたが、左上の緑のシールで決まりました。

こちらはの試し焼きは4回目です。

それまでのタイルは青テープの横と下に3回分、張ってあります。

色味が違うので、張り替えると目立ちます。

今、外壁タイルの発注を掛けると、ゴールデンウイーク明けに現場に納品されます。

P3080010

P3080008

P3080009

5回目でやっと

3月末に着工する大規模修繕工事に使う外壁タイルを昨年末から試し焼きをしていましたが、なかなか色が合いませんでした。

5回目の試験焼きのタイル合わせでやっと合いました。

試し焼きタイルの色をずっと気にしていた社長にも確認してもいらいました。

ちょっとだけ、一安心です。

これから、組合の皆様にも確認して頂き、タイルの発注を掛けます。

P3110108

P3110111

P3110113

P3110119

P3110121

エゾシカ

昨晩、久々にエゾ鹿を焼きました。

昨晩は焼き立ての鹿肉を食べました。

一晩冷やして今朝、薄切りにして塩レモンと胡椒で食べましたが、なかなか美味しかったです。

鹿肉は焼いてすぐも美味しいですが、少し時間が経ってからも、肉のうまみが強く感じられます。

又、鹿肉を食べた後は、体が温まるせいかポカポカします。

私は、鹿肉を焼く前に湯煎して、肉の温度を上げてから、塩コショウして、フライパンで表面を焼きます。

その後、少し肉を休ませて、オーブンと同じ効果のあるグリルパンの中に入れてゆっくり加熱します。

鹿肉は全体に熱が通ると、約2倍に体積が膨れます。

グリルパンから取り出し、しばらく冷やしてからカットします。

こうすると、肉は鮮やかなカーマイン・レッド(暗赤色)のまま食べることができました。

北海道は春になるとシカ猟も終わりますので、鹿肉を生で買えるのももう少しです。

shikan



修繕委員の皆様と一緒に

一昨年、調査診断を終えて、これから修繕設計に入るマンションの修繕委員の皆様と一緒に建物の劣化状況の確認を行いました。

これからどの部分をどの程度修繕するか?

修繕委員の認識を統一するために、建物の確認を行います。

どのマンションでも修繕積立金と工事予算には限りがありますので、修繕部分の絞り込みを行う前に「認識の統一」は不可欠です。

現地を見た後に、各部分の劣化状況と修繕方針について、修繕委員の皆様と意見交換も行いました。

このように修繕委員の皆様が修繕に対して、前向きで積極的であれば、我々も助かります。

P3090016

P3090019

P3090031

P3090037

P3090047
Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ