マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

寒気の隙を突いての調査

先日、組合の臨時総会で承認を受けた設計監理の物件(建物調査は他社が実施h)で「設計のための調査」を行うタイミングを狙っていました。

先週は寒波が来て、調査が実施できずハラハラしましたが、今週は今日から暖かい日が続くとのことで、急遽調査を行なうことができました。

どうしようかと悩んでいたので、ラッキーでした。

PC102374

PC102371

空缶検査

秋物件の現場で空缶検査を行いました。

仕上げ材料の入った缶を捨てずに取っておいて、工事完了後に設計数量がその現場で使われたかどうかを確認します。

敷地に余裕のある物件は写真の様にすべての材料を並べることが出来ますが、町中のマンションで敷地に余裕のない物件は何度かに分けて写真を撮影します。

IMG_4975

IMG_4979

来春の物件のタイル試し焼き

今年も残す所あとひと月

秋物件もほぼ終わり、来年の大規模修繕工事の施工会社も決まり、やれやれと一息付きたいところですがそうはいきません。

というのも、来年春着工物件には、外壁がタイル仕上げのものがいくつかあり、その試し焼きと色合わせがあるからです。

出来上がって来た見本焼きタイルを外壁に貼ってみて、再度焼くのであれば、できるだけ早く依頼をしないとタイル焼の釜が、正月でひを落としてしまうので、試し焼きに時間が掛かるためです。

写真のマンションでは、薄い色のタイルは良い線に行っていますが、濃いタイルは色が合っていない様にも見えます。

再挑戦となります。

PC040027

PC040022

PC040016

安全を金で買えるなら買う方が良い

これは仮設足場をブロックで解体した現場監督に「この方法の方がコスト的に安く済むのか?」と聞いた答えです。

要するに「コストはお金に換えられないので、多少金額が掛かっても安全性の高いブロックで解体する」という事です。

前回の写真ではブロックで崩すという状況分かり難かったのでこの現場の写真を乗せます。

仮設足場を写真の様に大きなブロック状で解体します。

足場はブロック状のまま大型クレーンで地上に降ろします。

地上で各部品に解体する方法です。

IMG_4904

IMG_4917

IMG_4919

IMG_4921

IMG_4908

IMG_4913

仮設足場解体時の事故防止

またもや仮設足場解体現場で資材の落下による歩行者の死亡事故が起きてしまいました。

仮設足場の解体時が一番事故が起こりやすい時です。

そのため、私も仮設足場解体時には現場に安全第一での施工を強くお願いしております。

具体的には、強風、大雨の時は工事を見合わせ無理をしない。

日が短いからと言って、解体工事を急がない。焦らない。

どの現場も一緒ですが、誰しも事故は起こしたくないのですが、事故は起きてしまいます。

足場を構成している莫大な数の部品のたった一つが落下するだけで、尊い命が失われてしまいます。

最近では、仮設足場解体時には、仮設足場のブロック解体と言って、大型クレーンを用いて周囲の交通を止めて、足場を大きなユニットで解体する現場も増えてきました。

ユニットは地上に降ろしてから細かく解体します。

この方法が手で一つ一つ仮設足場を解体するよりも、解体に掛かる時間も短く安全だとも言われています。

写真はブロック解体の現場の写真です。

IMG_4840

IMG_4836

IMG_4834

Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ