マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

チャールス ロイド

8cb06124.jpg






1960年代の終わりに
フラワームーブメントという
世界的な運動があったそうです。

ヒッピーといえばピンと来る方
もいるでしょう。

ジャズもポピュラーミュージック
ですからその影響を受けました。

時代の寵児として大きく取り上げられた
のがチャールス・ロイドとこのアルバム
フォレスト・フラワーです。

ジャズ・フェスティバルのライブ録音です。

ジャケット写真のサックス奏者です。
ピアノがキースジャレット
ドラムスがジャック・ディジョネット
ベースがセシル・マクビー

後に、キースをはじめこの3人は
ジャズ界のスターになります。

演奏はすばらしく、ジャズ喫茶(古い)
で聴いてすぐに彼のファンとなりました。

ところが人気絶頂の時になんとビーチ
ボーイズのツアーに参加してジャズとは
縁遠くなりました。

そのため、一発屋、商業主義に走った。
キースを発掘したのが唯一の功績と
ひどいことを言われたようです。

その後、不動産の仕事をしていたようです。

しかし、1980年代の半ば、突然
ジャズの世界にカムバックしました。

そのきっかけとなったのが
ミッシェル・ペトルチアーニという
新人のピアニストです。

彼は、後にビル・エバンスの後継者
ともいわれますが、十代のデビュー
当時から自分のスタイルがありました。

ミッシェル・ペトルチアーニのファン
としてもこのあたりのいきさつを大変
面白く感じています。

ミッシェル・ペトルチアーニのデビュー
の影にあのチャールス・ロイドがいて
ジャズ・フェスティバルでフォレスト・
フラワーを演奏したとは・・・

更に、このアルバムを聴いたころ、まさか
自分がビーチボーイズの(イメージ悪い)
のファンになるとは思っても見ませんで
したし、彼が復活するとも思っても
見ませんでした。

世の中、いろいろと繋がっていますね。

このブログの評価は?

4fb8e6ec.png







ブログ通信簿なるお遊びが
ありまして、早速やって
みたのが添付です。

写真をクリックすると拡大
します。

「主張度」ってどうやって
図るのでしょう?

5段階の4ですから、主張が
強いのでしょうね。

「お気楽度」は3
確かにお気楽じゃないです。
書くのが辛い日も・・・
来週のネタが・・・

「マメ度」は5
そりゃ毎日更新しているから
マメなのでしょう。

「影響度」が2
確かに・・・影響は少ない
んでしょうね。

これは読んでくれる方が
少ないから?

通信欄

新聞委員・・言いえて妙です。
たしかに広報的な目的が
あります。

主張とマメさが成功のカギ
とは知りませんでした。
何をやっても成功・・・
これから頑張ってみます。

建築家・・・
やっぱり今から目指そうかな

それよりも、右上の
ブログ年齢58歳って
一体なんでしょう。

こちらの方が気になります。

ブログ通信簿
http://blogreport.labs.goo.ne.jp/

大規模修繕の忘れ物 

734e0772.jpg




長期修繕計画書

この存在をご存知ない区分所有者も
いらっしゃると思います。

分譲時には必ず受け取る書類ですが
「忘れられた存在」なのかもしれません。

長期修繕計画書とは
簡単にいえばマンションの維持のための
の収支計算書のようなものです。

今後30年間のマンション維持の
ための工事費を算出し

それに見合う修繕積み立て金が
確保されているのか?

が一目瞭然となるバランスシートです。

とても大切な書類です。
大海原を公開する船にとっては海図
知らない土地をドライブするときの
道路地図のようなものです。

無いと必ず、行き先を見失い
最悪の場合、海で座礁したり
道から外れて迷子になってしまいます。

本年の6月に国土交通省から
長期修繕計画書作成のガイドライン
が発表され、7月上旬に
解説書が発売になりました。

早速読んでみますと
今まで、作成者によってまちましであった
修繕計画の根拠が求められています。

さらに建物の修繕履歴だけではなく
劣化状況と修繕の方法も書く欄が
できました。

なんだか、めんどくさい話のようですが

長期修繕計画書が管理組合にとって大変
心強い形になったと思います。

今までは、バラバラに揃えていた書類を
一冊にまとまり、長期修繕計画書さえ
あれば、建物のことが全てわかる
ようになったのです。

マンションの会計状況を記入する欄
もあります。

これからは長期修繕計画書を見ると
建物の状況と会計状況が一目でわかります。

大規模修繕の忘れ物 

今回の大規模修繕工事の予算は?
と管理組合の理事に聞くと

ほとんどの組合では即答できません。

そして、次の会議のときに
修繕積立金の額を教えてくれます。

「修繕積立金の範囲内で」
「1.000万くらいは残して」
「一時金は徴収しないように」
これがほとんどの管理組合の要望です。

ところで、ここまでで管理組合は何か
大切なものを忘れています。

きょうのテーマは
大規模修繕における管理組合
の忘れ物です。

今までの話の中でとても重要な
書類の話を忘れています。

一体何だと思いますか?

竣工図? 
構造計算書?
設計事務所との契約書?

全て違います。
(最後は冗談ですよ)

答えは?
長期修繕計画書です。

本来であれば、長期修繕計画書
にもとづく、大規模修繕予算が
あってしかるべきです。

修繕積立金は今後30年間の
修繕工事を見越して積み立てて
ください。

それが分かるのは長期修繕
計画書があるからです。

ところで、長期修繕計画書
をお隣の方に説明できますか?

大規模修繕の忘れ物 

6b316cf1.jpg




写真はウレタン防水の表面です。
皺だらけですね。

防水一面がこのような状態です。
経年劣化ではなく施工不良だと
思います。

はっきりとはいえません。

問題は、何時どのような原因で
このようなことが起きたのか?

どのような材料を使い
どのような工法で工事がされたのか?

どのような条件下で工事が行われたのか?

工事が終了したときに問題はなかったのか?

工事の保証はどのようになっているのか?

それを誰が確認したのか?

これらが、全く分かりません。

竣工後1年目の様子は?
竣工後2年目の様子は?
竣工後5年目の様子は?

アフターフォローが行われた記録も
ありません。

つまり、工事の記録が全く残って
いないのです。

誰が忘れたのでしょうか?

誰も必要性に気が付かなかった・・・

記録を残すことの大切さ
検査を行うことの大切さ
アフターフォロー点検の大切さ

はこのようなときに現れます。
Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ