マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

工事監理のポイント

工事監理のポイントは工事が進むと見えなくなる部分のチェック

写真は、ウレタン防水のジョイント部分の補修、補強工程の写真です。

工事が終了すると、この補強は全く見えなくなってしまいます。

そのため、工事の途中次の工程に進む前に補強が終わり次第確認を行い写真を撮影します。

大規模修繕工事はこのようなケ所も多く、工事が終了した後に確認しようにも、できない部分がたくさんあります。

例えば、

屋上防水の補修

躯体の補修

塗装の下塗り量

ウレタン防水の塗厚

このような部分を工事監理では重点的に見ています。

IMG_3592

IMG_3593

IMG_3598

現場見学会を実施しました。

6月に入り、すがすがしい青空となりました。

4月から着工した物件の現場見学会を行いました。

総勢、15名の組合員の皆様が参加されました。

P6011114

P6011115

外壁特注タイルを現場で確認

外壁特注タイルを現場で確認しました。

管理組合の皆さんと共に納品された外壁特注タイルの確認を行いました。

足場の上で外壁にかざしているタイルが新たに焼いたタイルです。

一番の懸案だったベージュタイルのタイルも既存のタイルと色が合いました。

ひと安心です。

IMG_3588 (3)

IMG_3585

今年の5月、6月、7月初旬までは大忙し。

最近ブログの更新が滞っています。

長期の連休のあと現場が本格的に再始動し、調査が2件始まりました。

実は、今年は3月着工の工事監理物件があり、例年よりひと月早く予定が進んでいます。

それに加え4月着工物件が進行しており、更に秋着工物件の工事準備があります。

また、現在進行中の調査報告書の作成、設計物件もあります。

3月着工物件は6月に入ると検査へと進み、4月着工物件は現場見学会が開催されます。

秋工事物件は、着工前の打合せが始まり、6月中に工事説明会を行います。

更に来年の工事物件の説明会もあったりして・・・

しかしながら、7月の初旬を超えてしまうと、やるべきことが終わってしまい、一気にヒマになるかもしれません。

連休前の現場確認 その2

明日から連休に入る現場へ行き、確認作業を行いました。

建物の劣化状況、工事内容、これまでの作業、これからの作業を確認しました。

P4300044

P4300042

P4300047
Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ