マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

大型台風への備え

昨日、仮設足場を上げている施工会社にメールと電話で連絡しました。

夏休みの中にもかかわらず、すべての担当者に連絡が付きました。

仮設足場の大敵は強風です。

どの程度の強さの風がどれくらいの間、吹くのか分らないのが一番の心配ですが、全社備えは完了しているとのことです。

安心しました。

工事の遅れを出さないために

今回の様に工事の終盤まで順調に工事が進み最後の最後に来て、ウレタン防水工の不足から工事が遅れるという事態をどのように防ぐか?という対策を考えてみました。

4月着工の物件の場合、仮設足場の組み立てに3週間、タイル工事、下地工事、塗装工事に1か月半、一般的にバルコニー床のウレタン防水工事に入れるのは6月上旬以降です。そのあたりからウレタン防水工事の需要がピークを迎え、6月中旬から7月末に掛けて職人さんの取り合いになっていると予想されます。

早めの着工
通常大規模修繕工事札幌では3月末から4月上旬の着工が多かったのですが、暖冬による降雪量の減少から3月上旬着工の現場も増えてきました。
今年工事監理を行った物件でも3月上旬着工の物件は工事に遅れは出ませんでした。
着工時期を3月上旬に前倒しにすることが有効だと思います。これによってウレタン防水工事の工事時期を半月から1か月先倒しできます。

バルコニー側から工事を進める
建物の片面にのみバルコニーのある物件では、バルコニー側の工事を最優先で進め、ウレタン防水の施工時期を早めることも有効です。

遅めの着工
工期を遅らせないためには、ウレタン防水の工事時期をピークからずらせば良いのですから、工事の着工を4月上旬から先倒しするのではなく、後にずらす方法もあるかと思います。5月着工し、ウレタン防水を7月末から8月とするのも一つの方法と思われます。

管理組合の意識を変える
複数回の大規模修繕工事を迎える管理組合の方に多いのですが、前回の大規模修繕工事に倣うという方が少なからずいらっしゃいます。4月上旬に着工して8月のお盆前の暑くなる前に工事を終わらせる。多くの大規模修繕工事が同じように進められて行けば、職人さんが不足していれば、工期が予定通り進まなくなります。前回の大規模修繕の時は、建築業界は不況で、建設工事自体の量も少なく、職人さんも余っていました。現在は工事量が多く、職人さんは不足しています。
社会情勢が前回の大規模修繕と大きく違うので組合さんの意識も変えていかねばならないと思います。

組合検査でダメ出し

やはり、先日設計事務所検査で指摘した不良箇所は今日の組合検査までに直り切りませんでした。

今日の理事、修繕委員検査で皆様からもも多くの指摘を受けてテープを貼られました。

指摘箇所の多くはウレタン防水絡みです。

ゴミの混入、塗ムラといった内容です。

あまりに指摘が多いので、補修を行った後にもう一度施工会社の社内検査を行ってもらいます。

そのあと設計事務所が確認してから仮設足場の解体を行う事になりました。

ここまで順調に進んできた現場なだけに残念です。

IMG_3856

IMG_3863

IMG_3866

IMG_3861

検査は続くよどこまでも

春に着工した大規模修繕工事の現場では、お盆休み前の仮設足場解体をにらみ、先週から今週、来週にかけて設計事務所検査が続いています。

7月中に検査を行えば、8月頭に手直しを行い、仮設足場を解体して、お盆休みは仮設足場のない状態で迎えられるという目論見です。

予定と書かずに目論見と書いたのは、春着工の多くの現場が同じことを考えているため、この時期にきて、ウレタン防水職人さんがいない。

鳶さんが居ないと嘆く現場監督が少なからずいる為です。

ウレタン防水職人の不足は昨年から深刻な状態ですが、今年になって解決されずに、消費税率のアップへの駆け込み需要のために増々深刻さを増しています。

というのも、今年の様に、天候に恵まれていても工事が遅れ始めているからです。

そんな状況の中の設計事務所検査ですから、検査前にある程度の手直しをしておくことが出来ない現場も出てきています。

検査なのかチェックなのかわからないという状態です。

今日の検査はそんな現場でした。

私は、チェックテープ貼りマシーンとなっていました。

こんな状態で組合検査、組合員バルコニー検査に間に合うのか心配です。

DSCF4138

DSCF4139

DSCF4164

DSCF4142

DSCF4158

竪穴区画の重要性

京都のアニメーション会社がガソリンによって放火され多くの尊い命が失われました。

大変残念なことです。亡くなられた方のご冥福、傷ついた方の一日も早いご回復を祈ります。

建築用語で「竪穴区画」と言っている上下階をつなぐ階段に火や煙が入らないようにする防火区画の大切さを痛感させられました。

今回の火災の詳しい状況は分かっていませんが、多くの方が屋上に繋がる階段で火災による一酸化炭素中毒で亡くなられたようです。

本来、建物の中で上下階をつなぐ階段は避難のための経路ですから、防火性と遮煙性のある区画で守られている安全な場所のはずです。

しかし、今回のアニメーション会社では、上下階をつなぐ階段が安全区画とならずに多くの方が尊い命を失ってしまいました。

皆様の暮らすマンション、働くオフィスにも上下階をつなぐ階段があると思います。

万が一の火災発生時に階段の扉がきちんと閉まり、防火性と遮煙性が保たれ、階段が安全区画となることを確認してください。
Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ