マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

今日の現場見学会は終了しましたが

4dd3b990.JPG





これからあと2週間 
弊社の現場見学会は続きます。

今年から現場見学会に参加して頂いた
方にアンケートをお願いしています。

「工事がよく理解できた」
「たいへんよかった」
「大変参考になりました」
という感想が多く

他の組合からの参加者からは

「自分のマンションの場合を想像
するときに役に立つ」

「工事方法、組合員への伝達方法が
参考になりました」

という感想を頂いております。

大変ありがたいご感想です。

施工者共、現場見学会をやって
よかったと感じております。

アンケートにも書かれていましたが
「百聞は一見にしかず」ですので、
ご遠慮なさらずに申し込みください。

外壁タイルの建物の高所の調査

d3cf2edf.jpg





昨日のブログで書いた方法だけでは
建物の1階部分だけの調査となり不安
だな・・・と思われた方はいませんか?

実は私たちも不安です。

広範囲のタイルの浮きが建物の上階に
集中して発生した例もあります。

かといって、ビルの窓の掃除用の
ゴンドラを借りて、全面的に調査
を行うと、莫大な費用が掛かります。

100戸のマンションですと約200万
掛かります。

そのため、写真のようなチェア
ゴンドラと呼ばれる機械を使って、
部分的に建物の1階から最上階まで
の外壁タイルの調査を行う方法を
お勧めしています。

階数が低い建物の場合は高所作業車
を使う方法もあります。

高所のタイルの部分調査は2日間で
10〜15万掛かります。

タイルは貼る時期や職人さんの腕
によって浮きの数量に大きく差が出る
ため、1階部分の調査結果だけでは
不安が残ります。

外壁タイルの建物の調査

b9d01cb3.jpg





タイルのひび割れは、建物の低い部分は
目視によって把握できますが、タイルの
浮きは目視だけでは、分かりません。

そこで、われわれは打診棒という道具を
使います。

鉄もしくはカーボンの棒の先に鉄の玉が
付いているハンマーのようなものです。

打診棒といってもタイルを叩くのでは
なく表面をなぜる感じです。(写真)

この棒でタイルの表面をなぜると浮いて
いるタイルはカサカサと中身の抜けた音
がします。

最初は分かりにくいですが、なれると
すぐに分かります。

建物の高い部分のタイルの打診は写真の
ような伸縮式のものを用います。

この打診棒を使うと建物の1階部分は
ほとんど打診調査することが出来ます。

建物の各面ごとにタイルのひび割れ(3階
程度まで)と浮きの枚数を調査します。

調査部分のタイルの浮き、ひび割れ割合は
把握できますから調査した部分の面積を
建物全体のタイル面積で割り返せば
その比率から建物全体のタイルの浮き
とひび割れの数量が推察できます。

外壁タイルの建物の劣化

7e070d47.JPG





現場見学会でよくある質問なのですが
「外壁がタイル貼りの建物は、永遠に劣化
しないのでは?」と聞かれます。

確かにタイルそのものの寿命は永く建物が
ある限り全面的な貼り替えは不要です。

なぜタイル建物の大規模修繕が必要なのか?

.織ぅ襪浮いていて、落下の恐れがある
 (写真のように広範囲で落下すると危険)

▲織ぅ襪砲劼啌笋譴生じている
(ひび割れから空気、水、紫外線がコンク
リートに入りコンクリートを劣化させる。
又タイル裏への浸水が凍結融解でタイル
の浮きの原因となる)

この2つが大規模修繕の主な理由です。
大規模修繕では外壁タイルの総枚数の3%
前後の貼り替えを行う建物がほとんどです。

一般的にマンションの外壁に使われる
タイルは45二丁掛け、50二丁掛けと
いわれるもので大きさはタイル自体が
45弌95弌.織ぅ詭榁呂鯑れると
50弌100个梁腓さです。

つまり1屬200枚のタイルがあります。

外壁タイルが3.000屬△觀物のタイル
総数は、3.000×200=600.000枚のタイル
があり3%であれば、18.000枚の張替え
となります。

タイルが浮く原因は太陽光による温度
変化のほかいろいろな原因が考えられ
ますが、防止することは困難です。

又、ひび割れは、建物の壁面の構造的
に弱い部分例えば、窓の四隅に発生する
ことが多く、コンクリートのひび割れに
沿ってタイルも割れ、劣化が進行する
と浮き始めます。

外壁仕上げがタイルと塗装の違い

28f6f70d.JPG





この写真は、土曜日に現場見学会を行う
マンションのタイル試し焼き試験の様子です。

既存の外壁タイルの中で、浮いたり割れたものを
補修するためのタイルが、既存のタイルと色や
肌合いがどの程度合っているかを比べています。

大規模修繕に使うタイルは全て特注品となります。

新築時には既製品の中から選びますが、太陽光に
よって日焼けしていますので、既に貼られている
タイルを元に特注タイルとして色あわせが必要に
なります。

4月着工の大規模修繕工事に使うタイルなのですが
この試験は1月31日に行いました。

そんな早い時期に試験をしなくても・・・
と思われるかもしれませんが、
もしも、今回のタイルの色が既存建物と合わなければ
もう一度試験焼きを行います。

次のタイル試験焼きの結果が出るにはどんなに
急いでも2〜3週間掛かります。

2度目の試験焼きでも結果が思わしくなく、3度目
の試験焼きをする現場も珍しくありません。

この現場では、1回目の試験でOKが出ました。

外壁が塗装のマンションは、組合が望む色に
塗り替えることが出来ますが、タイルの建物は
既存のタイルに補修に使うタイルをできるだけ
合わせなくてはなりません。

そのため来年の春一番で着工予定の建物の
スケジュールは、出来れば年内に施工業者の選定を
終えタイルの試験焼きが始められる予定とします。
Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ