マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

来春物件の図面説明会

今年の春着工した物件がまだ終わらないうちから、来春着工する物件の新聞公募、図面説明会が始まっています。

新聞公募を行い応募のあった施工会社から書類審査を行い、条件を満たした上で、管理組合が発注しても良いと考える施工会社に対して見積もりを依頼します。

とりあえず、応募のあった会社全てに見積もりを依頼したいという管理組合もあれば、ある程度依頼する会社の数を絞りたいという組合もあります。

私たちは、組合の方が安心して発注できる工事会社でであれば、見積もりを依頼する事をお勧めしています。

「見積は無料だから」という理由で、初めから発注する気が無い会社に見積もりをお願いする事や応募のあった会社全てに見積もりを依頼する事はお勧めしていません。

IMG_1825

IMG_1828



設計事務所検査

札幌もようやく、例年並みに暑くなってきました。

そんな中、大規模修繕工事も終わりに近づき、設計事務所検査に連日出かけています。

立って見てもわからない、工事の不良個所も床に近づくほど良くわかります。

後で施工会社の担当者がウンザリしている様に感じるのは私だけでしょうか?

IMG_2478

IMG_2477

IMG_2479

IMG_2480



秋工事の工事説明会

秋工事の工事説明会がありました。

2回目の大規模修繕工事とは言え、参加者は全世帯の1割ちょっと。

工事中にトラブルが起きないかちょっと不安になります。

IMG_1728

大規模修繕工事中はエアコンが使えません。

連日の猛暑報道で思い出したことがあります。

以前、本州で大規模修繕工事の工事監理をしていた時に施工会社選定の中で、施工会社候補の会社にヒヤリングを行い候補の工事会社3社に同じ質問を行いました。

4月に着工し12月に竣工する工期を設定しましたので、猛暑の夏の間も大規模修繕工事を行うこととなりますので、「夏季のエアコンの使用は可能ですか?」と質問すると2社は可能、1社は使用できない時期があると回答しました。

使用できないという回答を聞いた瞬間「この会社大丈夫か?」と思いましたが・・・

当然、使用できない時期があると答えた会社は組合から選ばれませんでした。

技術的に解決する方法はいくつかあるので、2社はエアコンが使えます。と答えました。

エアコンの室外機から出るドレン水がバルコニー床のウレタン防水に悪影響を与え、工事品質が低下するので、エアコンを使ってほしくないという主張は理解できますが、工事の都合で室温が30度をはるかに超える時期に居住者にエアコンを止めて欲しいと言えるような会社に仕事をお願いする組合は無いと思います。(その前に工事で居住者の生活に負担を掛けませんとも言っていました)

後日、落選した会社から「なぜ、落選したのですか?」と問い合わせがありました。

外壁塗装マンションの色決め注意事項

7月末から今年の秋工事がスタートします。

外壁が塗装のマンションは、まず、外壁色を決めなくてはなりません。

そのために、多くの管理組合では外壁塗装色アンケートを行いますが

アンケートを取る前に色の候補を理事会、修繕委員会で決めます。

どんな色に塗ることも可能ですが、注意しなくてはならないことがあります。

その1 必ず、今の色を候補に入れる。

その2 地域の条例に従う。(札幌であれば札幌市景観計画・条例)

その3 写真でカラーシミュレーションを行い、イメージを伝える。

その4 色見本は大判で掲示する。

その5 色見本は屋外の太陽光の下で見る

この5つが、外壁色決めで失敗しないポイントです。

IMG_2212

IMG_2214
Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ