マンション大規模修繕日記

マンション大規模修繕業務に係わる日記です。

2009年12月

今年も1年間ありがとうございました。

平成21年も今日で終わりです。

年々時が経つのが早くなって行きます。

ついこの間、お正月だった気がしています。

今年もいろいろありましたが、私はここにきて、風邪を引いたり

年賀状の住所録の入った自宅のデスクトップパソコンが壊れたり(パソコン壊れたら年賀状かけません)

腕時計を落としたら止まったり

免許更新を控え小さな字が見えにくいのでめがねやさんに行ったら、遠近両用めがねを薦められたられたり(乱視が入っているので、レンズ1枚で2万円以上するそうです)

そういえば、デジカメのバッテリーも調子が悪いし・・・

・・・いやはや、なんともしまらない年の瀬です。

これから、年末の買い物です。

何はともあれ、このブログを読んでいただいた皆様ありがとうございます。

お世話になった管理組合の皆様がよいお年を迎えられますように。

ノートパソコン3号を買いました。

先日お話ししましたノートパソコン1号崩壊を受けまして、ノートパソコンを買いました。

量販店に行きましたが、どれがよいかさっぱりわかりません。

ノートパソコン2号はエイサーという会社のいわゆるネットブックですので、今度は大きいものを探しました。

かといって、重量が3kgを超えるものや、バッテリーが持たないものはちょっと除外です。

それと出張に行く時は、ネットブックでは画面、キーボードが小さく不便ですので、出張にもってゆけるものを探しました。

国内メーカーは、いろいろな機能がついていますが、どうしても高いですね。

問題のOSですが、プリンターなどの周辺機器の接続を考えるとビスタにしておく方法が現実的です。

結局、国内メーカーはやめ、エイサーの3810Tという機種にしました。

http://alatest.jp/reviews/laptops/acer-aspire-3810-3810t-3810g-3810z/po3-74656954,30/

バッテリーが8時間持ち、軽いのが決め手です。(安いのも)

正解か不正解かはわかりませんが、メールの設定や周辺機器の設定でひと苦労です。

御用納め

昨日で今年の仕事は終わり、今日は大掃除でした。

大掃除と言っても、書類整理、資料整理が中心です。

自分では「捨てられない書類」の山です。

他人から見ると「ゴミの山」との評価です。

つまり私は「仕分けが出来ない」と言うことになります。

私が捨てることが出来なかった書類も他の社員の手に掛かると、あっと言う間に数冊のファイルを残して、何も無くなってしまいました。

これで、いいのか?

修繕委員会の思惑

f605a5f6.JPG





写真は工事中の特殊足場つまり移動足場の様子です。

枠組足場であれば、バルコニーの前に仮設足場が必ず建ちます。

しかし、この特殊移動足場は左右にポスト(柱)が建つだけです。

居住者にとって工事中の負担はかなり少ないことが一目でわかります。

次回工事を行うマンションは3月半ばから着工して、11月末に竣工予定です。

78戸、122戸、150戸と大きさが異なる3棟をこの工期の間に竣工させなくてはなりません。

工期は規模に係わらず、通常4ヶ月前後掛かります。

と言うことは、4月〜7月末、8月〜11月末のほかに6月〜9月末という工期で工事行う棟が出てくる可能性があります。

出来れば、夏場に足場を掛けることは避けたいというのが、居住者だけではなく、工事関係者の一致した思いです。

2年間に渡って工事を行うことは出来ないのか?といえば

工事が2年に渡ると居住者の負担が大きいこと。
工事の現場経費が2年分掛かること。

これらの理由から1年でやろうという結論が出ています。

工事費だけではなく、工期も含めた検討が必要です。

2年前の今頃

今日は12月27日です。

年末ですね。

手帳をめくってみると去年の今頃は大忙しでした。

300戸を超える別の大型マンションの設計で忙しかったからです。

組合内の合意と同時進行で準備を進めました。

今年の5月から11月までの工事でした。

こちらのマンションの調査診断は4年前に終えていたため、比較的短時間でも、準備を進めることができました。

このマンションの理事会、修繕委員会の皆様にとっては、大変な1年だったと思います。

皆様、お疲れ様でした。

さらに、2年前まで遡ると2年前の今頃も大忙しでした。

今、ブログで書いている大型団地の調査診断報告書を作成していたためです。

こちらは今年の3月中旬から11月末までの工期です。

大変な2年間以上だったと思います。

皆様、お世話になりました。

団地の規模が大きくなれば、なるほど準備に時間が掛かります。

それは、設計事務所の問題ではなく、管理組合内の合意を取るための時間です。

早めにマンション大規模修繕の情報収集を始めてください。











修繕委員の反応

私が工事監理していた工事現場にこのマンションの修繕委員の方をご招待しました。

ひと通り大規模修繕の工事内容をお話しました。

最後に同じ団地内の隣の棟の特殊足場を見ようということになりました。

その日は日曜日で私が工事監理していたマンションでは、バルコニーの前に仮設足場がありましたが見学をしたマンションには、仮設足場がない状態でした。

休日は、特殊足場を一番下の階に下ろしているため、足場が無い状態だったのです。

ご招待したマンションの修繕委員の方は、「これは、いいですね」と興味深々で特殊足場を見つめていました。

「私達のマンションの大規模修繕でも何とか使えないものですかねぇ。」

すっかり気に入った様子です。

仮設足場のコスト、工事の品質、検査の体制

もう少し勉強して私なりの満足できる答えを出さなくてはなくてはなりません。

うーん、困った。



特殊足場の問題点

d2ef13f8.JPG





主バルコニー面の下は、屋根付き駐車スペースとなっているためにこちらの仮設足場は特殊足場の採用を考えましたが、問題点はいくつかあります。

参考とした同じ団地内の隣の現場の所長にいろいろと聞いてみると(私が監理した現場と隣の現場は同じ会社が受注していました)

_樟瀏駘僂高くなる

 一般的な枠組足場に比べコストが掛かる 屬△燭蝪押ぃ毅娃葦瀋度掛かる
 一般的な足場は屬△燭蝪院ィ娃娃葦澆舛腓辰箸覆里撚樟瀏颪倍くらい掛かる

検査が難しいのではないか

 ゴンドラを使用した現場と同様に検査を頻繁に行なうことができない

9事の工程が制約され品質が落ちないか

 バルコニー面の工事は工事の工程つまり手間が、一番掛かります。その部分に常設の足場がないと、工事を短時間に行なうことにならないか

これらが、解決されないと管理組合にお勧めすることはできません。

主バルコニー面

43d294c7.jpg





火曜日まで、お話をしたブラケット足場の反対面は、写真の様に屋根付きの駐車場が建物を取り囲んでいます。

こちらの面は日当たりがよく、居間が配置されているため主バルコニー面と呼んでいました。

一般的には、駐車場の屋根を外して枠組足場を建ててゆきます。

しかし、このマンションの場合、屋根を外して仮設足場を建てると、屋根付き駐車場の車のほとんどをどこか近辺に仮設駐車場を設けて移動させることになります。

このマンションはサッポロビール園のそばに建っており、台数にして70台余り、これだけの車両を移動させる場所が敷地のそばにありません。

そこで、私はその時工事監理をしていたマンションと同じ団地内のマンションの大規模修繕で使用していた特殊足場を使用できないかと考えました。

設計と工事は別なのだから、仮設を含めた工事の事は工事のときに考えるという人も設計事務所の中にはいます。

しかし、工事概算や工期に大きく影響が出るものに関しては、ある程度確証を持って提案しないと、管理組合の方は納得しません。



コンピューター選び

自宅用のパソコンを買わなくてはなりませんがいろいろと問題があります。

まず、OS選びです。

現在ウインドウズは」XP、VISTA、7と3つのバージョンがあります。

使い慣れたXPは量販店では売っていません。

VISTAは余計な機能が多く使いにくそうです。

7は出たばかりで周辺機器が対応していません。

現実的にはXPなのでしょうが、売っている店舗が少ないことが最大の問題です。

将来的には7なのでしょうけど、今まで使っていた周辺機器つまりプリンター、デジカメ、マウス、インターネット接続・・・どうなるのか?

壊れたPCを直そうにも年末になってしまい1ヶ月以上掛かりそうです。

頭が痛い問題です。

作業ステージには・・・

469fed0d.JPG






作業ステージは職人さんが作業をするだけではなく、資材を仮置きするためにも使います。

写真の様にブラケットの長さは1.8mありますので、ブラケットを仮置き出来て、更に職人さんが、移動するのに支障にならないだけの巾が必要です。

何よりも安全第一ですので、施工業者任せには出来ません。

設計監理ではこの作業ステージに上がり、通行の安全性や落下対策を確認します。

作業ステージの床板がグラつくのであれば固定をお願いしますし、落下の危険があれば、落下防止策を打ち合わせます。


Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ