e4623794.jpg





写真は二回目の大規模修繕工事
で見つかったバルコニー笠木の
ウレタン防水の不良箇所です。

せっかく、笠木部分に塗装ではなく
ウレタン防水をしたのにウレタン
防水の厚さが紙のように薄い
様子がわかると思います。

また、ウレタン防水が簡単に
コンクリートからはがれている
様子もわかると思います。

ウレタン防水はコンクリート
との密着がよいため、このように
はがれることはありません。

原因はプライマーといわれる
接着剤の施工にあったと推察
されます。

接着剤をコンクリートに塗ってから
ウレタン防水を行うまでの時間を
空けすぎると接着剤が完全に固まって
しまい施工不良がおきやすいそうです。


ウレタン防水は下地のコンクリートに
ひびが入っても、水がそこから内部に
入らないようにウレタン防水の材料の
厚さが重要になります。

写真の厚さは1ミリもありません。

早速、一回目の大規模修繕工事
を請け負った会社に連絡し
現地を確認してもらいました。

調査結果を元に今後の対応を
どのようにするか?

といった打合せをし、回答書を
もらいましたが、その回答は
驚くべきものでした。