e34ad604.JPG





実験結果を受けてこのマンションの
ほかの部分の笠木を一部撤去すると
写真のように錆びていました。

ウレタン防水で密閉されている部分
の空気は気温や日射によって暖めら
れると同じ体積でもおおくの水蒸気
を取り込むことができるように
なります。

コンクリートの中には水が大量に
含まれていることや

コンクリート自体に防水性はないため
水を透過させる性質があります。

その、暖かく湿った空気が密閉された
ままで気温の低下によって冷やされる
と空気中の蒸気が水となってしまいます。

密閉されていなければ大丈夫なのですが
防水材、シーリング等によって密閉
されると結露が発生しやすくなります。

専有部の結露と同様に空気が動くことが
結露防止に役立ちます。

漏水が起きた時に、原因を追究せずに
周囲を防水したり、シーリングする
事は漏水防止の目的の逆効果になり
かねません。

結露を増やし、漏水が増える結果に
なることもあります。

これと同じことはバルコニーの先端
部分に鋼製の笠木を付けている
マンションや共用廊下窓下に鋼製
の笠木をでもおこります。