f22ea3f6.jpg




鋼製笠木の下から錆び汁が出て
いる場合は内部の結露による
さびを疑います。

鋼製笠木は錆びてしまうと
再利用は不可能です。

多くの場合撤去を行います。

アルミの笠木を取り付けることも
ありますが、多くのケースでは
モルタルで笠木を形成し

その上からウレタン防水を
施工して仕上げを行います。

アルミ材がまだまだ、高価で
あった25年前に建てられた
マンションには鋼製の笠木が
数多く使われています。

新築時には、ウレタン防水の信頼性
が高くなかったために鋼製の笠木
を設置したものと思われます。

現在はモルタルで補修を行い
ウレタン防水を行う方法が最も
コストが掛からずに、確実に結露を
防止できる方法です。

ただし、ウレタン防水は塗り厚に
よって耐久性に差が出ます。

2ミリが標準的な厚みです。

特に垂直面の塗り厚の確保には
充分気をつけてください。