c9aebfdf.jpg




以前に何度かお話しましたが
大規模修繕時には網戸を
はずさなくてはなりません。

網戸があると、窓周りのシーリング
撤去新設と塗装の塗り替えといった
工事の邪魔になります。

網戸をつけたままの工事ですと
シーリングがキレイに施工でき
なかったり、網戸、窓ガラス、窓枠に
塗装がつかないようにビニールで
保護するのですが、上手くビニールを
はることが出来ません。
(このビニールを養生と言います)

意外なことに建築関係者の住民の方から
「網戸をはずさなくても工事は出来る」
という意見が出てきます。

このような質問をされる方は大規模修繕
工事の経験がありません。

工事の手順を話すとご理解はいただける
のですが反対の理由は網戸をはずす手間が
大きいのでしょう。

そこで、最近は網戸の取り外し、再取り
付けは工事に含むことにしています。

さらに、大規模修繕工事において網戸を
はずすことを工事説明会だけではなく、
何度もお知らせしてゆきます。

全住戸の網戸をはずす段取りが大変に
なります。

施工会社は、効率よく作業できるように
日程を組み居住者全てにチラシを投函し
協力を要請します。