暗い話題が続くなか、ごく個人的ですが明るい話題がありました。

仙台に住む友人から無事を知らせるメールが来たのです。

友人は単身赴任で東京に来ていましたが、ご家族は仙台にいます。

メールで安否を問いかけましたが、返事がなく気を揉んでいました。

彼は震災後、有給休暇をとり、ご家族のもとに駆けつけたので、連絡が取れなかったそうです。

仙台は電気以外のライフライン 水道、ガスが未だ復旧しないらしく、なにより水の確保が大変だったようです。

ガソリンも十分に行き渡っていません。

水道は月末まで、ガスは復旧のめどさえ立っていないそうです。

無事を知り、一安心しました。

友人からの便りわかるように人は水と食料、燃料がないと暮らせません。まさにライフラインです。

しかし、今回の震災のように広い地域で大規模な災害が起きるとライフラインが復旧するまでに膨大な時間が掛かります。

早急に支援を差し伸べ無くてはならない人がたくさんいると、比較的被害の少ない人たちは後回しになってしまいます。

その間、自分達で何とかしなくてはなりません。

対策のひとつとして、たとえばキャンプを趣味とし野営道具を充実させることがあります。

非常時に向けて、道具をそろえていても、いざというときに使えないと意味がありませんし、定期的に水や食料の入れ替えが必要になり、そのたびに捨てて買い換えるのは勿体ないです。

キャンプ道具を揃える際に気をつけなくてはならないことは燃料、熱源を統一することです。

燃料は炭やホワイトガソリン、キャンプ用の専用ボンベよりも家庭用のカセットガスボンベを熱源、燃料とするほうが汎用性もあり屋内でも安全に使用できます。

カンテラ(ランプ型の照明)もカセットガスボンベを熱源としているものがあります。

ホワイトガソリンは女性や子供には扱いがむずかしく、一般にコンビニ等にまで流通していません。

水や保存食料もキャンプへ行くたびに使い、入れ替えていけば、無駄になりません。

今不足している電池も普段から多めに準備できます。

懐中電灯はヘッドライト式にすれば両手が使え便利です。

しかし、このように備えもせいぜい1週間分なのかもしれません。

でも、何も準備をしないよりも心に余裕ができますよね。

先日あるマンションへ調査に行ったときも非常持ち出し袋とトランク、ヘルメットを玄関に備えている方が何人かおり感心させられました。

備えあれば、憂いなしです。