先日お話した管理組合で防災対策として話し合われたことがいくつかあります。

1.マンション自体の耐震性の確認を行うための費用を算出する。

設計事務所としてお見積もりを次回の理事会までに準備することになりました。

2.防災道具、保存食料は何が必要か?を検討する。

玄関ドアやエレベーターを開くバール等の防災道具が必要です。
軍手やヘルメット等の災害時に使用する道具類
保存食料の量と調理器具
冬季の災害に備えた暖房器具
それらの購入予算はどのように計上するか?

また購入した物品をどこに置いておくか?

これも大きな問題です。

管理員さんが建物の中を調べると倉庫はいくつかあるけど、どれも雑然としているので整理しないと使えないそうです。

3.水道管の更新に向けて災害に強いシステムの検討を行う

すぐに何かができるわけではなく、綿密な準備と手続きが必要だということがはっきりとわかったのが、一番の収穫でした。