今朝は五反田から品川に向け散歩しました。
通りを挟み世界的な大企業のオフィスの向かいに立てられた複合施設の1階のショップ&レストランをのぞくと竣工後1年以上経つはずですが、全く無入居の状態です。

この複合施設は店舗、レストラン、事務所、住居から構成されているはずなのですが、人の気配がありません。敷地内には緑地があり、近隣に公開されているのですが、散歩する人、犬の散歩をする人と全く出会いません。

IMG_1468


庭園は非常によく整備されており、区の賞も受けています。

IMG_1469


都心に居ながら、建物の敷地内で誰とも出会わないという不思議な体験です。

なぜか宮崎駿のアニメ「天空の城ラピュタ」を思い出しました。

建物の屋上も緑化され、庭園になっているため、なお更そのように感じたのかもしれません。

IMG_1479


IMG_1480


ツツジが咲いていて、スズメバチが建物と庭園を守るように飛んでいました。

やはり、マンションに限らず建物は人が居ないと成り立ちません。

IMG_1481


ところが、建築家と言われる人の作品集(これも抵抗のある言葉です。簡単に言えばその人が設計した建物の写真集)を見ると、ほとんどの場合人が写っていません。むしろ人が居ると邪魔なのかと感じるものもあります。

どうにも私には、なじめない世界です。