昨日決勝が行われました。

偶然テレビを見ていたのですが、この大会は体重別ではありません。

こうなると、当然重量級の選手が有利になりため、重量級のオリンピック選手選考会を兼ねているそうです。

3人いるオリンピック候補の誰が優勝するのか?が注目の的でした。

ところが優勝したのは、重量級のオリンピック候補選手ではない90kg級の加藤博剛選手でした。

対戦相手は身長で19僉体重で45圓搬腓な石井竜太選手でしたが、見事一本勝ちを収めました。

実際対戦を見ないとどんなにすごい試合だったのかわかりにくいと思いますが、加藤選手が終始攻め続け石井選手の掛けた技の隙を突いての一本勝ちです。

私のような門外漢でも良くわかる、「柔よく剛を制す」の言葉を体言する試合でした。