今日、大規模修繕のコンサルタントを決めるプレゼンテーションに行ってきました。

3週間ほど前に組合内で推薦を受けたと管理会社から案内が送られてきました。

失礼があってはいけないので昨日の夜のうちに「床屋」に行って着ました。

「練習が先だろう!」と怒られるかもしれませんが、見た目の印象はやはり大切です。

というのも、理事長さんのお名前を見ると女性なので、不精、不潔な印象はNGですからね。

今週はこのプレゼンのためにスタッフ一同準備をしていましたので、ここまで来て失敗できないと言うのもあります。

それよりも弊社を推薦してくれた方の期待を裏切るわけには行きません。

プレゼンの知らせを受けてから建物の事前調査を行ったときにプロジェクターを投影する壁が見当たらず、投影用の移動スクリーンも購入しました。

さて、肝心のプレゼンですが、マンション大規模修繕を成功させるためのコツ、業務でどのようなことをするのか、このマンションの現状をパワーポイントにまとめてお話しました。

ところが、参加された理事の方からは「あなた達の前にプレゼンを受けた会社と言っていることはほとんど同じなんですけど、あなた達の売りは何ですか?」という質問を受けました。

私たちの売り・・・一瞬、答えに詰まってしまいましたが、これまで同じ管理組合のお客さまから連続して発注を頂いていることや業務の中で特に力を入れていることとその理由などをお話しました。

理事の皆さん良いコンサルを選びたいという気持ちがひしひし伝わってくるプレゼンでもありした。

次回のプレゼンに向けての改良点も見えてきました。(すごく良いヒントを頂きました)

良い結果が出ればと思います。