先日プレゼンを受けた物件とは別の件でも言えることですが、マンション大規模修繕の調査診断設計監理は価格勝負になると高い見積もりを出した会社はなかなか受注することが出来ません。

業務の項目が同じでもやることがまったく違えば、価格には大きな差が付きます。
業務に掛ける人件費(建築では人工、その他の業界では工数)を比較してみてください。
差が出るはずです。

業務量と業務内容の差がつかないと結局は価格勝負となってしまいます。

調査診断設計監理の見積を取ると、世間相場の半値以下というとんでもなく安い金額を提示する会社があるらしく、そのような会社と競合になったときに私は何度か涙を飲まされたことがあります。

管理組合さんもダントツに安い見積金額を不審に思ったらしく、「なぜ、そんなに安く出来るの?」とたずねると

「受注できなくて社員を遊ばせておくよりも、安くても仕事をした方が良い」といわれたそうです。

この言葉を聞いた組合では、これまでのその会社の実績からその言葉を多くの理事が信じざるを得なかったとのことです。

お電話をくれた理事は「常識で考えてもそんなバカなことはない」と猛烈に反対したそうですが、多数決で最安値の会社に決まったそうです。

そのときは、そのようなやり方をするライバル会社を恨んだものですが、今思えば、最大の原因は私に自分の仕事や会社の良さを伝える技術が足りなかったということにあります。

まだまだ、改善点はたくさんあります。

これまで、弊社を支持して頂きながら、伝える技術が足りない弊社のためにご期待にこたえることが出来なくて申し訳ありませんでした。