私は施工会社選定のときは選ぶ側の一員(黒子)としてプレゼンテーションに参加していますが、逆に選ばれる側としても調査診断設計監理を行う設計事務所の候補社として実際にプレゼンテーションを作成し組合の前で実施しています。

プレゼンテーションは不思議なもので上手く行くときもあれば、上手くいかないときもあります。一度上手くいくとしばらく上手く行き受注が続きます。

そんなときには設計事務所仲間から「そのプレゼンテーションの雛形をもらえませんか?」といわれることもあります。

しかし、設計事務所として選ばれるためには、やはり発注元の管理組合が何を期待しているかを的確に捉えないと上手くいきません。

ケースバイケースで同じ雛形がどのマンションでも通用するわけではなく、組合側が一体何を設計事務所に望んでいるかを的確に捕らえることがポイントです。

そのため、他の設計事務所に自社の資料を雛形として渡すことはありません。渡しても「これでプレゼンを作れば、受注できる」と思われ、組合の要望を無視して、写真のみを入れ替えたのでは、選ばれることが少なくなるためです。

極端な例では、外壁が塗装仕上げのマンションなのに、外壁タイルの修繕について説明するプレゼン資料を持って行っても聞く側にしてみれば、自分たちには全く興味がないことです。

このようなプレゼンをしても受注にはつながりません。

プレゼンテーションを受ける組合の皆様から聞かれるのは、「多数の候補のどこをどのように見て的確に判断すればよいかわからない」ということです。 

答えとしては「つまるところ、誰と一緒に大規模修繕を進めて行きたいか」とお答えしています。

そのためには、プレゼンテーションに来て頂く会社はある程度絞りこまれた方がよろしいでしょう。