今回のセミナーは、修繕積立金をいかに値上げしないかという、マンションに住まわれている方であれば、誰もが興味をもたれるテーマということで、多くの組合の方にお集まりいただきました。

ありがとうございます。

まず、皆様が自分のマンションの現状を自分で知って頂くために建物自主点検マニュアルを参加特典として、お配りしました。

ぜひとも、一度組合の皆様の目で自分たちのマンションを一通りチェックしてみてください。いろいろな気づきが出てくると思います。

また、「修繕積立金を値上げしない」という言葉には、「必要な修繕積立金が確保できている」という暗黙の了解があります。

では、どのように自分たちのマンションの修繕積立金が必要金額を満たしているかそうかを知るためには

国土交通省の「修繕積立金ガイドライン」にしたがって積み立て金額の確認を行う。
http://www.mlit.go.jp/common/000141884.pdf


周辺の同年代、同規模のマンションの修繕積立金と管理費の合計金額を合計した金額と比較する。不動産情報から修繕積立金と管理費を調べることができます。

付近にあるマンションの名称はこちらのサイトから検索できます。
地名を入れると付近のマンションの地区年数と規模が検索できます。
http://www.mansionkensaku.com/

長期修繕計画書を確認して、将来的に赤字になっていたり、積立金の増額が予定通りに行われているか確認する。

最低でも金融支援機構の「すまいる債」を購入できるだけの修繕積み立て金額かどうかを確認してください。