年明けから、国民的男性アイドルの解散問題と女性タレントの不倫問題に隠れて、昨年、マンション管理組合と建築関係者に大きな衝撃を与えた横浜のマンション傾斜問題に大きな動きがありました。

1月15日の日本テレビの報道によりますと

横浜市のマンションが傾いている問題でマンションの管理組合が15日、建て替えに関する2回目の住民アンケートの結果を公表した。

 全棟建て替えを希望する住民が全世帯の89.1%となり、法律で規定されている住民全体の5分の4の賛成を上回ったため、来月末の住民総会で「全棟建て替え」が正式に決定する見通し。

http://www.news24.jp/articles/2016/01/15/07319897.html

ということです。

ここに書かれている住民アンケートは組合員アンケート 住民は組合員のことと思われます。

建て替えのひとつのハードルであった組合員5分の4の合意が取れ、建て替えに向けて進むことになりそうです。

建て替え決議は解決の終着点ではありません。

建て替えによって全ての組合員に少なからずご不便が出ます。

再び平穏に暮らせる日々が来るまでのご苦労を想像しますと、ただ頭が下がります。

しかしながら、今回の建物の傾斜について原因や再発防止策は発表されていません。

杭に問題があったと言われていますが、マンションに暮らす人にとって、漠然とした不安が残ったままです。

私も所属している、マンション大規模修繕協議会では、来月末に、今回の傾斜問題についてセミナーを開催します。

http://www.renovaters.net/seminar-special/marunouchi.html

限定100名ですので、お早めに申し込みください。

お申し込みはこちらです。

http://www.renovaters.net/entry.html

コメント欄に「修繕日記ブログ」とご記入いただければ助かります。