分譲会社が問題の責任を認めた時や改善策の提案を受け取った際には、総会で提案を受け入れるかどうかの議決が必要になります。

ここで大事なことは、まず、総会に先立ち、分譲会社が主催し、組合員への説明会を開催することです。

総会では、分譲会社の提案を受け入れるか、否かといった二者択一ですから、組合員同士の自由な意見交換や議論が実際はできません。

そのため、総会の席上で組合員の意見が分かれ、合意ができなくなってしまうかもしれません。

そんな状況にならないための、説明会です。

説明会の説明内容については、事前に交渉役の設計事務所がチェックし理事会、修繕委員会の席上で説明してもらいます。

理事会として納得できる内容か、どうかをチェックします。

さらに組合員が説明内容を理解でき、納得できる表現か、納得できる内容かを確認します。

建築の専門用語が多用されていたり、説明がわかりにくいときには、改善をお願いします。

提案内容が組合員に平等なのか?

組合員から限度を超えた要望が出た場合はどのように対応するのかについても打ち合わせます。