分譲会社が是正工事を行うことに承認をおこなったときに注意する点があります。

大規模修繕工事の担当会社にお願いして、工事を行う場合も、新築時の施工会社が工事を行う場合にしても、工事が確実に行われることを確認するために工事監理を行う設計事務所が必要となります。

業務量が当初の契約よりも増えるわけですから、追加発注してください。

また、是正工事を行うときに大規模修繕工事会社を行っている施工会社に支払う金額があります。

是正工事を行う期間、そのための調査、折衝期間に掛かる仮設費用について分譲会社に請求してください。

仮設足場の費用、仮設事務所等の共通仮設費用、工事を行うための諸経費等について大規模修繕工事を行う施工会社から徴収した見積をベースに、設計事務所に費用を算定してもらいます。

この金額を組合から分譲会社に請求し、一度組合の口座に入れてから、施工会社に支払ってもらいます。

分譲会社が大規模修繕工事会社と直接交渉したいとの申し出があっても断わってください。

分譲会社の目的は「値切り」であって、大規模修繕工事を行う会社が取引のある場合、逆らえないので、そのしわ寄せが、大規模修繕工事まで来ることになります。