熊本の地震は予想を超える大きな被害が出てしまいました。

被災された皆様が1日も早く平穏な生活が出来るように、お祈りしています。

なぜ、今回大きな被害が出てしまったのか?といえば、大きな規模の地震が何度も立て続けに起きたためです。

建物の耐震設計の基本的な考え方は、大きな地震に対してまったく建物が壊れないという設計方針ではありません。

大きな本震に対して、「建物の所々は壊れるけれど、最悪、倒壊や崩壊しない」という前提で設計がされています。

つまり「巨大地震に対して、建物は傷つくけれど、最悪の倒壊、崩壊はしにくいので、居住者が逃げるだけの空間、時間を稼ぐことができる」という方針で設計されています。

なぜ、このような方針かといえば、巨大地震にびくともしない堅固な建物を作るためには、莫大なコストが掛かるためです。

巨大地震が来て、建物の柱や壁が部分的に壊れたら、その建物は、地震前の強度はなくなってしまうので、居住者はすみやかに安全な場所へ避難してください。ということです。

その上、今回のように、本震と思っていた震度7の巨大地震のあとにそれ以上の巨大地震が来てしまうことは、まったく想定していません。

最初の地震で、建物は部分的に壊れて、居住者が避難する時間を稼いでくれた建物が多かったと思います。

本当は、その段階で、適切なアピールをして、居住者が避難できていれば、これほど被害は広がらなかったと思います。

非常に残念です。