本日、東京六本木でマンション改修工事の現場で仮設足場解体中に建築資材が落下し、通行されていた方にあたり、亡くなるという不幸な事故が発生しました。

ご冥福をお祈りいたします。

このニュースを聞き、私が工事監理している各現場に連絡を入れ、安全管理の徹底をお願いしました。

仮設足場の解体は、大規模修繕工事の中で一番危険な工事と言われています。

組みあがった資材を、人の手で、解体して、高所から地上に一つ一つ降ろす作業です。

誰かが手を滑らせると、資材が落下して、重大事故につながります。

そのため、風が強い日、雨が降っている日は危険が伴いますので、解体作業ができません。

しかしながら、今日の東京のように風もなく、晴れた日に不幸な事故が発生してしまいます。

条件の良い日ほど、安全管理に注意いたします。