塗装の色合わせに先立つこと2か月
2月上旬に外壁タイルの色合わせを行いました。

特注タイルを見本焼きして、外壁に張る作業を行いましたが
既存の外壁タイルは汚れているので、洗剤で洗ってから色合わせをしないと、後から色が合わなくなります。

ちょうどこの日は、猛吹雪でタイルを洗った後に、洗った水が壁面タイルの表面で氷となってしまいました。

このまま見本焼きタイルを張ることができませんので、バーナーで表面の氷を溶かし、乾かしてから、見本焼きタイルを張りました。

ところが、見本焼きタイルの色が今一つで、焼き直しとなってしまいました。

既存のタイルより、見本焼きタイルの方がちょっと赤いのがわかりますか?

結局、焼き直しを2回経て、やっと色が合いました。

DSCF0408

DSCF0410

DSCF0416