バルコニー手すり支柱根本の爆裂を図解してみます。

1枚目

春、秋に手すりの支柱内に結露等によって発生した水が根本に溜まります。

冬季間にその水が凍結し膨張して、支柱周囲のコンクリートを壊します。

2枚目

支柱の根元に穴を開けて、樹脂を注入すると、

結露した水が、外にでるので、凍結膨張、爆裂を防ぐことができます。

図1 - コピー

図2 - コピー