バルコニーのウレタン防水の工事監理を行いました。

大切なのは、仕上げ工事を行うと見えなくなってしまう部分を確認することです。

排水溝の底のモルタルが浮いてたまま防水工事を行うと、せっかく工事を行った防水が浮きとともに破断してしまいます。

まず、浮いたモルタルをコンクリートに接着剤で固定することからはじめます。

工事監理をする側としては、浮きが解消されたかを、防水工事を行う前に確認します。

浮きが解消された後は、ウレタン防水を補強する目的で、排水溝、立ち上がりといったウレタン防水が切れやすい部分にメッシュシートを下張りします。

工事監理者は、その状況も確認します。

IMG_9006

DSCF3993

DSCF3986

DSCF3989