大規模修繕工事は大きなお金が動きます。

100戸を超える大型マンションの場合、大規模修繕工事の工事金額が1億円を大きく超えることは、珍しくありません。まして、300戸を超える大型マンションでは4億円という大きな金額での契約となってしまいます。

私たちのような建築関係者は工事金額と自分の財布の中の金額は全く別物という感覚ですので、億単位の大きな金額を仕事の中で扱っても、ほとんど心は動きません。数字と感じています。

しかし、工事に関わる一千万、億単位の金額は、普通の人にとって「莫大な額のお金」と感じるようです。

理事長さんや修繕委員長さんには、1億円もする工事を発注するのだから、300万円くらいサービスして欲しいという気持ちになるようです。

ほとんどの場合、工事は工事価格を含めた競争で決まっていくので、本来であれば、仕事を取る気のある施工会社が出した工事見積金額から大きな値引きはできないはずです。

しかしながら、プレゼンテーションで選んだ、一番優れた提案を行った会社に対して、見積もり参加会社が提出した最低金額まで値引きを迫る方がいらっしゃいます。

中には、見積を提出した施工会社が出した見積もりの各工事項目ごとに一番安い金額を寄せ集めて、計算した架空の工事金額まで、工事費は下がるはずと主張する方もいます。

「命の次に大事なお金が掛かっていることだから、私たちは1円足りとて真剣なんだ」と言われてしまえば、それまでですが、施工会社が困惑するような根拠で値引きを迫るのは、どうかと思います。

万が一、施工会社が受け入れてくれても、それは本来受注できる金額との差がありますから、工事の現場監督はどこかで穴埋めを画策せざるを得ません。これは、長い目で見ると決して、得にならないと思います。

値引きをお願いするよりもサービス工事とした方が額が大きいと思います。