55歳と言えば、3昔以上前の1980年前半には、定年となっていた年ですね。

ウイキペディアによれば、

1950年に男58歳、女61.5歳であった日本人の平均寿命が

1960年に男65.32歳、女70.19歳、

1970年に男69.31歳、女74.66歳、

1980年に男73.35歳、女78.76歳と格段に伸びていたが、

多くの企業において55歳が定年退職であった。

1986年の高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の改正で60歳定年が企業への努力義務に、

1994年の改正で60歳未満定年制が禁止されたことで60歳が日本の定年になった。

2000年に企業に対して、65歳までの雇用確保措置を努力義務化された。

2004年に企業に対して、65歳までの雇用確保措置の段階的義務化

2012年には企業に対して、希望する労働者全員を65歳まで継続雇用することが義務化がされた。

ということです。

つまり、私は65歳まであと10年間は働いて当たり前ということです。

10間年は長いなと思う方もいますが、実際10年間はあっという間だと思います。

それまでにマンション大規模修繕について、何とか極めることを目標として頑張りたいと思います。