タワーマンションの大規模修繕工事費データをいろいろと情報を集めてみると、北海道でタワーマンションの大規模修繕工事費は、屋上防水、外壁、バルコニーと一通りの修繕をおこなうと戸あたり200万円を超えてしまいます。

何でこんなに掛かるの?と聞かれます。

その第一の原因は仮設足場が、一般的に使われている枠組足場だけで出来ないことです。

特に15階を超える部分の仮設足場は、ゴンドラや移動昇降足場で行うことになります。

第二の原因は、高層になればなるほど、風が強くなり、工事ができない日が増えてきます。

つまり、雨が降らずに、天気が良くても風が強いと外壁の工事ができないということです。

それに合わせて工期(工事に掛かる時間)が伸びてしまい、工事ができなくとも現場管理費や経費はかかりますから、工事費が割高となります。

ここ近年の職人さん不足による工事費の上昇も大きな原因です。

このような理由からタワーマンションの大規模修繕費は1戸当たり200万円は掛かると想定して、長期修繕計画や資金計画を行ってください。

タワーマンションが建てられた時に作られた長期修繕計画には、これら工事費アップの3つの要因が含まれていないものも(多く)あります。

長期修繕計画書の作成責任を管理会社に求めても資金不足を解消することはできません。

管理組合主導で資金計画を是正して頂ければと思います。