私は昨年から札幌に戻って来ましたが、それ以前は東京で仕事を行っていました。

東京と札幌で建物に違いがありますが、それ以上の違いがあります。

それは管理組合で修繕に携わる理事、修繕委員の年齢です。

意外かと思いますが、関東地方の修繕に関わる組合員の方が、年齢が断然若いです。

長老格の方を除くとほとんどの方が、30〜40代かでした。

ところが、札幌の場合、修繕に関わる組合員の方は、ほとんどが60代以上です。

一体なぜなんでしょうか