4月から何件かのマンションの建物調査診断を行っています。

建物調査を行う目的は

建物の劣化状況を知ることであり、そこから修繕時期、修繕方法を導くことです。

この点に疑問はないと思います。

しかしながら、建物の劣化状況を知るだけでは物足りないと感じています。

お客様であるマンションの管理組合の方がコンサルタントに「建物を新築時の様にきれいにする」だけでは満足されないだろうと感じています。

コンサルタントにフィーを支払う以上、そのフィーの3倍以上の満足感を与えることが、コンサルに求められる課題

という話を昔聞いたことがあります。

まずは、お客様である管理組合の方が、どのような思いでコンサルに業務を委託するのか?から考えていきたいと思います。