札幌市内のマンション大規模修繕工事の現場で職人さんが落下し亡くなってしまいました。

この時期ですと、おそらく仮設足場の解体作業中だったと思います。

添付した記事にもありますが、たとえ安全帯という落下防止の命綱をしていても、その命綱の端を固定していないと落下を防止できません。

これからマンション大規模修繕工事は順次工事が進み、検査が終わると仮設足場の解体に向かいます。

仮設足場の解体は、大規模修繕工事の中で一番事故が起きやすい工程です。

高所で作業を行う職人さんはすべて落下防止のために、安全帯をしていますが、その端部を固定している職人さんが少ない現場を見ることもあります。

無題