バルコニーの内部は大規模修繕工事後も居住者が日常的に目にする場所であり、万が一不具合が生じてもお部屋を通して頂き早急に補修がしやすい場所です。

一方バルコニーの外側は、バルコニーの内側から目につきにくく、中高層部になると外部からも見えにくい部分です。不具合が生じても分かり難く、不具合が生じても発見が遅れ、補修を行うにもゴンドラや高所作業車が必要になります。

そのため、仮設足場解体前のチェックでは、バルコニーの内部だけではなく、バルコニーの外部のチェックも重要となります。

特に不具合が生じた時に容易に補修ができないバルコニー手すりの外側部分は、保護塗装のはがれ、防水材や塗装材のはがれに注意します。

又、不具合箇所はできるだけ細かくチェックテープを貼らないと、担当者が職人さんに伝え忘れたり、職人さんが見落とす危険性がありますから、1チェック1テープが理想です。

チェックには、施工会社の担当者と一緒に行い、合理的な補修方法の打合せを行いながらチェックします。

写真の不具合箇所のほとんどはウレタン防水と塗装との境界線に貼られたマスキングテープを剥がすときに防水層を強く引張ったために起きたと推測されます。

今回で言えば、補修作業でのマスキングテープを剥がすときに新たな不具合を生む可能性があるためです。

多少チェック項目が多くなっても、監理者は腹を立てない方が良いと思います。

感情的に担当者に「ちゃんとやれ」「真面目にチェックしろ」と詰め寄ったり、暴言を吐いたり、強い言葉を投げかけても、相手は人間ですから反発こそすれ、良い方向に向かうことは無いと思います。

むしろ、なぜ、このようなチェックを行い、補修しなくてはならないのかを冷静に話した方が、相手も建築技術者ですし、お客様に喜んでもらえる工事をしたいという思いは一緒ですから、通じると思います。

設計事務所の担当者の中には、現場の担当者や職人さんよりも「自分たちの方が上だ。尊重されるべきだと」何か大きな勘違いしている人もいます。メーカーや施工会社の人から「先生」と呼ばれていることが原因かもしれません。

たまたま、工事をチェックする立場にあるだけと考えれば、どちらが上なんて考える必要ないと思います。

IMG_4015

IMG_4013

IMG_40142

IMG_4010