施工会社の社内検査、設計事務所の検査を行い、バルコニーの居住者検査を行った上でやっと管理組合検査となりました。

この現場はバルコニーウレタン防水の出来が悪く、平面部分が波打っていました。

ちょっと滅多にない出来の悪い仕上がり状況でした。

あまりの出来の悪さにウレタン防水工事の途中で現場監督が「切れて」職人さんを全て入れ替えました。

そのために、新しく入った職人さんは不出来なウレタン防水のまま、後を続けることはしません。

撤去、補修から手を付けざるを得なかったため(いわゆる手戻り)工期がひと月伸びました。

この現場監督さんはバルコニーウレタン防水の出来が工事の出来に直結していることを熟知しているため、あえて工期が伸びる手戻りを選択しました。

監理者としては、「工事の見た目の出来よりも工期が大事」と言いたい気持ちもありますが、こんな奇特なことを申し出る現場監督に出会ったことはありませんでした。

そのため、総合定例会議の席で組合に相談をして、工期延長願いを出すことで理事会、修繕委員会協議の上、工期延長の了承をして頂きました。

更に徹底的に社内検査を行い、事前に不良個所を取り除いたため、工期延長に対して居住者の皆様からのクレームはありませんでした。

DSCF4426

DSCF4425