秋物件の現場で空缶検査を行いました。

仕上げ材料の入った缶を捨てずに取っておいて、工事完了後に設計数量がその現場で使われたかどうかを確認します。

敷地に余裕のある物件は写真の様にすべての材料を並べることが出来ますが、町中のマンションで敷地に余裕のない物件は何度かに分けて写真を撮影します。

IMG_4975

IMG_4979