東京をはじめとする首都圏、名古屋、大阪でコロナ感染者の報告が激増しており、まさに感染爆発寸前です。

一方、2月末から感染者が増えた北海道は感染者数はさほど増えておりません。

一見、感染を克服したような印象を受けているのかと感じます。

あちこちで「東京から転勤や出張でやってくる人が怖い」などど言われております。

ほんの1か月前首都圏で言われたであろう「北海道からの出張者が・・・」が逆転した状況です。

街には人出が戻り、平日のショッピングモールは親子連れ、高齢者で休日並みの人出となっております。

一時的に中止、延期された管理組合の理事会、修繕委員会、大規模修繕関係の集まりも再開されております。

ある意味、何時の間にか首都圏をはじめ各地の感染状況の拡大が「対岸の火事」となっております。

しかしながら、どう考えても世界中で猛威を振るっているコロナウイルスの蔓延がこれで終息したとは思えません。

北海道は2次的な感染拡大に注意しなくてはならないと感じております。

その証拠にコロナウイルスの感染が多くの入居者にとって致命傷となる高齢者施設の面会謝絶は終了するどころか20日まで延期されております。

管理組合の皆様も「北海道の感染が止まった」と思わず、「感染拡大は続いている」と考えた方が良いと思います。

組合関係の集まりでは、「密室」「密集」「密接」の3密を避けられるような工夫が必要です。

大規模修繕工事の現場でもコロナ対策は継続して行ってまいります。