非常事態宣言が7都市に出て、北海道内でも恐れていた2次爆発の兆候が見え始めました。

本日、北海道・札幌市で会談を行いとも緊急共同宣言を行いました。

このような動きが事前に報道されたため、週末から今週の頭に掛けての組合の打合せが2件最短でも連休明けまで延期となりました。

建物調査診断の設計事務所選定の説明会も含まれているため、この状況が続くと私たちの業務に支障が出る可能性も危惧されます。

又、7月着工の大規模修繕工事では、工事説明会の開催時期と開催方法に頭を悩ましております。

6月に工事説明会を行うのですが、説明会会場を狭い集会室にするのか?

やや広い屋内自転車置場とするのか?

説明会の形式も居住者を一か所に集めて行う通常の説明会形式とするのか

一か所に集まる説明会をとりやめ、予め予定されていた、戸別訪問説明のみで済ませるのか?

連休明けまでに時間があるため、感染状況を見ながら5月中旬の理事会で決定する事に成りました。

このような動きが、大規模修繕工事全般に影響が及ばないことを心から願っております。