大規模修繕にコロナの影響はありますか?

と組合の皆様から聞かれます。

端的に言えばタイトルの

「2月実施予定のプレゼンが8月に実施になりました。」

という事です。

実施が先送りになった業務は少なくありません。

その理由は、コロナウイルスの蔓延と共に理事会、総会は軒並み開催できなくなり、物事を決定することが出来なくなりました。

理事や組合員が一同に集まらないと進まないとなると休眠状態となってしまいました。

その一方で事前に実施が決まっていた業務は淡々と実施する事が出来ています。

大規模修繕工事で中止になった物件はありません。

コロナの感染がちょっと落ち着いた時期に一気に物事を決めることができる様に準備をしておかねばなりません。