ちょっと遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

昨年は新型コロナウイルスに振り回された1年でしたが、今年も安心できる状態ではない様です。

首都圏では、感染の急速な拡大が見られる中、なぜか北海道は拡大が止まる方向へと向かっているようにも見えます。

しかしながら、終息には程遠くまだまだ予断が許されない状況にあります。

コロナがいつ終息するのか?全く分からない状況です。

大規模修繕業界としてはコロナ過の影響を受けています。

度重なるコロナウイルスの感染拡大のため、理事会、総会の開催が不活発となったためか2021年の工事発注量が充分とは言えない様です。

設計事務所の作成する工事概算に対して、施工会社の見積金額が例年よりも低めに出て来ています。

具体的な数字で表しますと、これまでは設計事務所の作成する工事概算費を100とすると、施工会社の見積金額は95前後だったものが、来春着工する工事の見積は90をちょっと超える位に落ち着いています。

今後もこの傾向が続けば良いのですが、こればかりは、この先どのようになるか?

コロナがいつ終息するのか?と同じように全く分からない状況です。


無題