以前多くの管理組合では、理事の時間が取れる日曜日に打合せや総会を行っておりましたが、最近は週休2日が浸透したせいか土曜日に行われることが多くなってきています。

しかしながら、相変わらず「うちは日曜日だから」と日曜日に打合せを行う組合もたまにあります。

設計事務所との定期的な打合せでは、大きな問題は起きませんが、担当者の休みが無くなりますので、あまり推薦できません。東京の設計事務所の中には、「社員の働き方改革」「社員の確保」のために「日曜日の打合せはできない」と初めから契約条件に入れる設計事務所もあります。

非常に頭が痛いのは大規模修繕工事の現場が始まっても、相変わらず「うちの打合せは日曜日だから」と頭から言われてしまいますと現場監督さんはその週はと翌週は2週間休みなしで働かなくてはなりません。

と言うのも大型マンション以外は現場監督さんは通常一人で常駐していますので「働き方改革」もあり現場監督さんの労務管理をどうするのか?という問題が発生します。

又、特に心配なのは、安全管理の面で、現場監督さんに集中力が求められますので、休みの無い疲労から集中力が散漫になりますと、工事の安全に響きます。

どう考えても現場監督は最低、週に一度は休みが必要です。

中には「現場監督は代休を取って、代わりの社員が来れば良い」という方もいますが、平日の日中の組合対応、居住者対応の細かな引継ぎを考えますと、現実的ではありません。

工事が始まりますと、組合の方にお願いして、打合せを日曜ではなく、土曜か平日の夜にしてもらいます。