工事が完了したマンションの最上階のお部屋から「大規模修繕工事が終わったのに寒くなってきたら漏水が止まらない」とのご連絡があり、施工会社と共にお部屋に伺いました。

天井に埋め込み式の照明(ダウンライト)から水が滴っております。

照明器具を外して天井面を見ると、天井スラブのコンクリートが一面濡れていました。

夏の暖かい季節では、漏水は無く、寒くなってきたら、漏水が始まったとのことです。

この状況からすると、これは屋上防水からの漏水ではなく結露だと思われます。

屋上防水からの漏水であれば、季節に関係なく、雨が降れば漏水が発生します。

冬季間になって漏水が発生したのは、「コンクリートが寒気で冷やされて、室内の暖かい空気がそこに触れて、結露となった」で説明が付きます。

又、漏水であれば、天井のコンクート面に一様に水滴は着かず、ひび割れ等から滴り落ちます。

DSCF5277

DSCF5280

DSCF5283