3月27日は施工会社選定プレゼン、4月3日は設計事務所選定のプレゼン、10日は大規模修繕工事・施工会社選定の臨時総会と3週連続で日曜日に出勤です。

流石に明日は代休を取ります。

この時期、現場は仮設足場を設置中ですので、なんとか代休が取れますが、もう少しして、工事が本格化すると代休も取れなくなります。

平日の夜若しくは土曜日に理事会、総会という組合が多くなってきていますが、未だに日曜日に理事会や総会といった組合行事を行う組合も少なくありません。

工事中の日曜日の理事会と工事の総合定例会議を兼用を希望する組合もあります。

施工会社の現場担当者は、小規模物件の現場では、一人しか配置がない事も多く、工事期間中の平日は現場を稼働させるため、代休が取ません。

この場合、2週間休みなしで現場監督は働く事に成ります。

このような状況は過労から注意力散漫になり、安全管理上、高所作業を行う事も危険な状態になります。

設計事務所の立場からできるだけ日曜日の理事会と兼用で工事の総合定例は避ける様にお願いしています。