陽当たりによってタイルの色が変わって見えます。

只今、7月、8月着工の秋工事の準備を進めています。

その中で、大変なのがブログで何度かお話ししています様に外壁タイルの色合わせです。

私たちは色を光源からの反射で認識をしています。

そのため、外壁タイルの色合わせは屋外の太陽の下で行うべきです。

又、太陽の下であっても、晴れの日、曇りの日によっても違ってきます。

いろいろ、条件を変えて検討する事が望ましいです。

同じタイルでも上の写真は曇り、下の写真は晴れの様子です。

DSCF5813

DSCF58212